L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ミックスボイスが欲しければミックスボイスの練習はするな!?

ボイストレーナーの浜渦です。
ボイトレに励んでますか♪
ボイトレは、あくまで表現のためにありますから、
難しく考えすぎてもいけません。
…というわけで、今日もはミックスボイスについて。

ミックスボイス自動習得法


まず、強くしなやかな呼吸がある程度できていることが前提です。

音階練習で、強く(≠大きい)声を出します。
(たとえば「ハイ」の掛け声で「ドミソミド」から半音ずつあげていく)

この時、

ひっくり返らない努力はしない。
ワザとひっくり返ろうともしない。


この二つを守れば、
音階があがっていけば、
必ず何処かで声は裏返ります。
しかし、絶対にひっくり返らないようにも、ワザとひっくり返ろうともしなければ、
通常、何処かで「自然に」ひっくり返り(裏返り)ます。
(声帯を傷めていたり、呼吸がまだできていない場合は除きます。少し乱暴ですが、呼吸ができていないと、ミックスボイスはできませんし、ミックスボイスの練習も意味がありません。できたとしても本物ではなく…)

呼吸ができていて、強く声を出してもひっくり返るのは、
「その音階においては」声帯がまだしなやかに伸びていないか、
息が弱いかです。

しかし、その練習をしているうちに、筋肉は鍛えられ、
声帯はしなやかになり、ひっくり返らなくなります。
これで高音域の出来上がり…
そしてそれをミックスボイスと言う…

乱暴な言い方ですよね。
でも、これは事実です。
ただし、繰り返しますが、
呼吸ができていれば、です。

「では呼吸ができればミックスできるの?」


その通りです。
しかし、ミックスかどうかなんて考えないでください。
ただ高音域が伸びるだけ。
…ついでにミックスされている。
というか、ミックスされたから出た。
というか、ミックスかどうかなんて、どうでも良い。
(過去記事「本当にうまいひとから『ミックスボイス』なんて言葉は出てこない」もご参考ください)

つまり、呼吸がまず第一です。
しかも、強い声を出す。
強い=大きいではありません。
必ず以下のルールを守ることです。

気道>呼吸>声

これさえ守れば、デスボイスやシャウトでもそうそう壊れなくなります。
逆にこれができないと、丁寧に出してもすぐ喉が疲れる、声が枯れる、
弱い声でも傷めてしまう、となりかねません。

前回の記事「明解「お腹から声を出すためには」で身体のつながりも強く意識して、練習に励んでくださいね。

呼吸法は覚えてもそれがしなやかで力強くなくては意味が薄れます。
そういう使える強い呼吸を体得すること。
さらに、高い音域で裏返らない努力もワザと裏返ることもしない、
強い気持ちが必要です。
それをお渡ししてこそのボイストレーナーであり、
ボイトレの意義です。
そしてそれは心も身体も楽しい!

全ての方が、思い切り表現を楽しめますように…
今日もありがとうございました。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています
Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback