L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

裏声練習は大切か否か?

ボイストレーナーのはまうずです。
ただいま関西レッスンに来ております。

【裏声練習は大切か否か?】


ここでは裏声の定義は置いておきましょう。
(裏声をファルセットとする方も、裏声とファルセットは別物とする方も、裏声はファルセットの一部とする方もいらっしゃるので)

意味のある裏声と、
そうでない裏声がある。

その上で、その意味のある裏声が、

使えるけど、使わないのはOK
使えてないの逃げ道として使うならNG

といったところでしょうか?

ただし、喉をしっかりあけて、息をしっかり吐けている上で、
高音域を、裏声でがまんして練習していると(つまり使える裏声)、

その声を聞いている人には、だんだんと裏声に聞こえなくなってきます。
本人は裏声練習をしているつもりなのに。

つまり、気付いたら、いや、気づかないうちに地声が鳴り出しているわけです。
そういう練習方法を自然に身につけている人からは、
ミックスボイスという言葉は出てこないのです。

【裏声・地声の前にしっかり開けて、しっかり吐くこと】


裏声か地声かは気にせず、
しっかり気道を確保しながら、しっかり吐く、
それをフレーズが変わっても、高い音が出てきても、低い音が出てきても、
短いブレスが出てきても、声がひっくり返っても、がさついても、
気にせず続けると、
いわゆるミックスボイスなんてものは手に入るのです。

それがないのに、ミックスボイスや高い声を目指しても、
もし手に入ったとしても、
それはなんのための技術なのでしょうか?

気道をしっかり開けることは、表現のキャンバスを広げること。
息をしっかり吐くことは、空間に描き出すこと。

それをなくして、何の表現か・・・

と、吠えてみましたが、人それぞれですから、
何がダメ、ということはありません。

しかし、個人的には、技術は、あくまで表現のために、
と思っています。
「技術がないと表現ができない」と
表現は後に置いて、技術ばかり追求する人は、
あとから、表現を載せようと思っても、
そんな甘いものではないのです・・・
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています
Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback