2016/03/26

今やっている練習が良い練習か否か見分ける方法「1に強い呼吸、2にタイミング、発声技法はその後!」

ボイストレーナーのはまうずです。
みなさん、花粉は大丈夫ですか?
私はなんとか薬とマスクで逃げ切っております・・・

さて、当たり前ですが、声は見えません。
見えない声の練習は、それがあっているのかどうか、
よくわからない、という方がとても多いです。

ボイトレの本をみたり、教材を使っても、
それが良い練習かわからない。
レッスンを受けているけど、
それが正しいかわからない。

では、簡単に言いましょう。

「5分くらいでじんわり汗をかく」
「声を鍛えているというより身体を鍛えている」
「でもどのスポーツにも似ていない」

まずはこのくらいで十分です。
感性を呼び起こすには十分でしょう。
(技法を学んだ後、感性を身につけるのは経験上、相当な遠回り、場合によっては不可能です)

私たちは、声ありきで「発声法」に囚われた結果、
身体を使っているつもりで、「つながっていない」
ことが多々有ります。

歌を始め、声を使う舞台は、
「全身を使って息を吐く芸術です」

その素晴らしい呼吸を、ここぞというタイミングで、
声帯が捕まえるのです。
その時出た声が多少ガラガラしても、ひっくり返っても、
壊れません。
(やりすぎると、声帯ではなく声帯を支えるまわりの筋肉が筋肉痛になったり、炎症を起こすので、やりすぎはやはりダメです)

つまり、優先順位を書きますと
呼吸>それを捕まえるタイミング>発声技法

もちろん、声は丁寧に出した方が良いです。
しかし、出る声の高さや音色だけを気にしすぎて、
発声技法>呼吸>タイミング
(↑これはダメ!)
こういう勘違いが起こってしまうのです。
その丁寧さがアダになるのです。

音色を追いかけて、高い音を追いかけて、つまらなくなっては元も子もありません。
あなたの感性はあくまで呼吸に宿るのです。
それを包み隠さず、前に出す。
その時にどんな声がでるか。
それを知らずして、発声技法もないのです。








↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント