L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「自分という物語」に歌や台本を落とし込む

ボイストレーナーの浜渦です。

最近思うこと。
自分という物語の中に歌詞や台本を入れるということ。

歌詞や台本という物語に乗っかるだけでは足りないじゃないかな…と。

もちろん、ボイトレの時もいっしょ。
ただ、声を出して、技術を鍛えるだけではなく、
「自分という表現のキャンバス」を思い切りひろげる。
そこに生まれる自分という物語。
そこにいろんな声や音色を載せる。

そうでなければ、ボイトレのためのボイトレ、技術のための技術磨きに堕してしまわないか…

いや、どんな仕事の時も遊びの時もそうなんじゃないかなと。

そうでなければ、心から遊べる大人になれないんじゃないかな…難しいけれど…

そんなこともレッスンで伝えられたら…

そして、そんなことを考えながらも、東横線の電車の車窓から桜を見て満足する…


でも何か物足りない…
そこへ生徒さんからの差し入れが。
これでも身も心も満足です(●´艸`)

「だんごの輪島」謹製。輪島功一さんのお店ですね♪
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback