L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「意味のある高い声」はテクニックだけでは出ない

ボイストレーナーの浜渦です。

高い声を出したい!

誰しも一度は思うことではないでしょうか?
しかし、小手先のテクニックで高い声が出るようになっても、
高い…だけ…と、なりかねません。
なにより本人が納得いかないはずです。

意味のある高音域。
表現として使える音域を広げなければなりません。

そのためには鼻腔共鳴や呼吸法などのテクニックだけでは足りないのです。
特に共鳴は本来、呼吸と声帯の結果ですから、
日本人的に真面目にやると、ただの鼻声となりかねません。
むしろ共鳴は放置。
必ず後からついてきます。

呼吸が出来ているのが前提として、
(なにを持ってできているかも難しいのですが、腹式呼吸よりもフォーム、呼吸の形、そしてなによりクリアな呼吸音が大切です。呼吸音については近いうちに解説しますね)

あとは、
その呼吸に出したい音程に合わせて…

「思い切って勢いをつける勇気」
「勢いがつくまで声を出さない勇気」
「つけた勢い以上の声を出さない勇気」
(この勢いをフォームを崩さず、クリアな呼吸音で出すのが難しいのです)


などが必要となります。
最後は結局気持ち?
と言われれば答えはYesです。

怖がって息の勢いがつかなかったり、途中で失速したり、喉で勢いがあるふりをしたり、勢いが付く前に声を出したり、勢いどころか、息を吐く前にのどを締めて、クリアに程遠い呼吸になったり…
と、失敗する要素は枚挙にいとまがありません(^^;;

しかし、このあたりはテクニックより勇気なのです。
勇気です!
破れかぶれは絶対だめですよ♪
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback