L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

呼吸法・発声法を難しく考えると失敗の始まり「腹式呼吸は自動的に」身につけましょう

ボイストレーナーのはまうずです。

腹式呼吸、鼻腔共鳴、支え・・・
・・・ボイトレや声楽・ボーカルレッスンのみならず、いまや台詞やナレーションのレッスンでも、
嫌というほど出て来ますね。

(以下は「はまうず式呼吸発声表現法」に基づいて書きます)

何故腹式呼吸をするかと言いますと、
「ひろげた胸をひろげたまま吐いたり吸ったりする為」
ではそもそも胸が開かなかったら。。。

腹式呼吸の意味は半減どころか、場合によっては、
無意味に近くなります。


胸を開くには、体幹全体をひろげなければなりません。
寒いときに強ばるのと逆方向の力ですね。

そしてもう一つ大切なのは、呼吸の支え。
これもレッスンで嫌という程出て来ますが、
実際、何を何の為に支えるのかはなかなか解説すらされず、
ただひたすら「支えが足りない」と言われるばかり。

では支えとは。
広げた、開いた身体(体幹・胴体)の状態をまず作り、
その中で胸回りが落ちたり縮んだりしないよう、
踏ん張る事です。
(違う発声もありますが、日本人はこれが一番合うと思われます)
しかし、そもそも身体を開かないと支える物すらない
ということになります。
させる物すら無いのに、
「支えをしっかり」なんて言われても、
生徒さんはピンと来るはずもありません。
ここは指導者がよほどちゃんとしなければなりません。

これらは私のレッスンを受けていただいている方は分かると思いますが、
それほど難しくはありません。
ただ肉体的にはかなりの運動量となります、というか単純に体幹トレーニングです。

さて体幹(胴体)をしっかり広げて、それをキープしたまま(つまり「支え」たまま)
呼吸をすると、自動的に腹式呼吸しか出来なくなります。

そこで初めてなぜ腹式呼吸が良いのかが分かるのです。

良い声を出す為に腹式呼吸をするのではない。
開いた身体を保つ為にはそれしか無いのです。

では何故身体を開くのか。

身体を開く状態とは、
何かにとても感動したり驚いたりした時に動物がとる、
自然な行動だからです。

その感動した状態で生まれる呼吸と声。
それが我々が欲しているものではないでしょうか。


ところがその腹式呼吸や鼻腔共鳴等、本来副産物の物が、
当初の目的のように取り違えられている、
また、感動を伝えるはずが、良い声マニアになってしまっては、
本末転倒。

私がここで主張した事をやれば、共鳴や呼吸法は、勝手に身に付くのです。

というわけで関西レッスン中の浜渦でした^^
外は明るいのに、途中えらい夕立が・・・
気持ちよかったです♪
雨

【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback