2016/09/26

感情を溜める「器」それが身体という楽器

ボイストレーナーの浜渦です。

感情は出すのではなく、
溢れ出るものである。


これが私の考え方です。

だから楽器という「器」が大切になります。
この器こそ、身体という楽器です。

この楽器作りが大変なわけです。
(特に胸周りから口のあたりにかけての容積とカタチ作りのことです。)

トランペットの初心者のように、どんなに楽器が良くても最初はまともに音はなりません。

しかし、我々身体という楽器は、発声や呼吸のために、その楽器自体が崩れたり、そもそも育たなかったり…
何年やってもダメなひとは、このあたりに原因がないか、考えてみてください。

どんなに腹式呼吸をしても、楽器がダメなら、まともに鳴るはずはないのです。
もちろん楽器は声帯のことではありませんし、息の容量のことでもありません。
どんなにトランペットを強く吹いても弱く吹いても、楽器の容積はかわらないのと同じです…

詳しくはまた書きますが、
この楽器という器こそ、感情の大きさやカタチに直結しています。
なおさら、壊したり、ぶちまけたりしてはいけないのです。

溜めて溜めて、やっと溢れ出すくらいのカタチの維持、つまり楽器を一から自分で作る。
毎日微調整をしながら・・・
これが他の楽器と決定的に違うところなのです。

この身体という楽器、うつわに感動や説得力というものが宿り、
呼吸を吐くことでその感動の形を伝える。
そこに声が乗ってくれるまで努力する。
そこから先は他のトランペットやサックスやフルートなどの楽器となんら変わらないのです。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント