2016/11/15

「自由に歌える」ということとは

ボイストレーナーの浜渦です。

「自由に歌える」
これはとういうことでしょうか?

うまく歌えるでもなく、
勝手にむちゃくちゃとか、ふざけて歌うという意味でもありません。
出したいと思った声とテクニックで歌うという意味でもないでしょう。
(それはむしろ「自在に歌う」でしょう)

「自由な精神で、身体を開いて歌うこと」
これこそが、自由な歌だと私は思います。

上手い下手関係なく自由に歌えたら、
それは全て素敵な歌だと思うのです。

子供が「ふと」自由に歌いだす歌はとても素敵です。
しかし私たちは物心がつき、大人になる過程で知らず知らずに他人や世間一般との比較、常識の中から、

「あれは変だ」
「かっこ悪い」
「意識が高いと思われたくない」
「変なやつだと思われたくない」

そんなふうに思って、自由な精神を失っていってしまいがちです。
もしそういう価値観のもとに、ただボイトレをやって、良い声を作り、いろんなテクニックを作って上手く聞こえるようになったとしても、
そこに感動や共感を見出すのは難しいでしょう。

常識にとらわれたり、自分を閉ざしたり、人をシャットアウトすることで、
自分自身が、自由でなくなりはしないでしょうか。

自分の中でせめぎ合うことが大切です。
これはただ、気持ちの問題や精神論ではないのです。

具体的には、
思い切り息を吐く力と、詰める力のせめぎあいです。
洗いざらい出したい気持ちと、留めたい気持ちとを戦わせて、どちらも勝たないよう、バランスをとるのです。
まさに自分対自分。


上手く歌うことは、そのあとで十分です。
自分の中で戦える歌を歌える人は、
そこに、心地良い声の緊張感と好き嫌いを共感を生み出せる。
私はそう信じてレッスンをしています。

さて、今日まで関西でレッスンでした。
また東京にもどって、関西での収穫を東京の生徒さんにもお渡しするのが楽しみです!

関西では尼崎・つかしんのローゼビートでレッスンしております。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント