L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

身体の緊張感のない「いい声」は要らない。「しなやかな普通」の声で十二分

ボイストレーナーの浜渦です。

身体の緊張感のない状態から出る良い声は要らない
(クラシックの方が陥りがちです。)

身体の緊張感のある人間からでる普通の声で十二分


ここでいう身体の緊張感とは、胸(肺)やあらゆる気道が適切に、
とりわけ「重力に負けないように浮かせながら」開いていることです。
頭がパニックになることではありません!
パニックになって硬くなった身体は緊張感でなく萎縮です

そこに気持ちだけどんなにあっても仕方ないのです。
身体を開き、浮かせるためには体力が要りますし、
呼吸器官の開いた状態を保ったままできる呼吸が腹式呼吸、ということになります。
(胸周りから上が重力に負けないように浮かせようとする力こそが、重心が下げることになります。これを取り違えて逆になって重心が浮いてしまっている方も多いのです)

しなやかな上体(呼吸器官)のフォームと、そこに息をいっぱいに満たす呼吸法。
そこから生まれるのが、
しなやかな「普通の声」です。
そこからどんな声に、どんな音色に音楽に、表現に変化して行くのか。
それこそ、あなた次第なのです。
ですから、私は「こんな風に歌え」とか
「そこは強く」などとは言いません。
それは個人の感じ方でいいのです。

逆に言えば、
どんなに腹式呼吸が出来ても、胸や気道を開けるための表情が落ちていては、
腹式呼吸も役に立ちません。
身体が落っこちていてはどうしようもないのです。

これらはレッスンでもとても大切なことでありながら、なかなか解説されません。
これには講師側テクニックやそれ以前のいろいろな問題がありますが、またの機会に。

私たちは腹式呼吸が出来て鼻を響かせれば(鼻腔共鳴)それでよしとしてしまいがちです。
そんな方法論でうまく行くほど簡単なものではないですし、
(それでうまくいく才能のある人もいます。私にはその才能は・・・なかったです。)
そこにあぐらをかくと、胸式呼吸の人に歌唱力や表現力で負けてしまいかねないのです。

表面の方法論に陥ることなく、その方法や練習を
「なぜ」「何のために」「どのように」やるのか。
その本質を見誤らないよう、鍛錬することが本当に大切なのです。

今日もお読みくださり、ありがとうございました!

2017お正月レッスン開催(2017年元旦〜4日まで)
【お正月レッスンとは】
大好評の「お正月レッスン」は、どなたでも、特別料金で「1回から受講可能」の元旦から開催するレッスンです。
新しい年を、ワクワクはずんだ呼吸と声でスタートしませんか♪
弾む呼吸を生むフォームと自然な声がシンクロする楽しさ、その入り口をのぞいてみませんか?
詳しくはこちら
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています
Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback