L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

声という「楽器の一貫性」がなければどんなに音域が広くても良い声でも伝わらない!

ボイストレーナーの浜渦です。

どんなに高い声がが出たとしても、その個人特有の「楽器の音色」を崩して出さないたこと。

例えば、トロンボーンを吹いていて、高いところだけトランペットに持ち替えて出したとしたら…。
それなら高い音はひっくり返っても、出なくてもトロンボーンのままが良いですよね。

チェロを弾いていて、高いところが来たらヴァイオリンに持ち替えたり、低いところに来たらコントラバスに持ち替えたり…なんてしませんよね。

声も同じことなんです。
その楽器特有の音色を捨てて出す高音や低音はどんなに共鳴があっても伝わらないのです。
それぞれの音域では良い声だとしても、
楽器一貫性がなければ伝わらないのです。

高い声を出したい…その想いは大切です。
しかし、その理由は、
「同じ楽器の中での表現の幅をより広げるため」であって、
決して、音域を広げることそのものが目的ではないはずです。

逆に楽器を変えて、高い声や低い声を出し、表現を失ったら、本末転倒ではないでしょうか?
ぶれない、しなやかな身体という生きた楽器を作りあげる。
そして、同じ楽器からいろんな音色が生まれでる。
こんなに気持ち良く、ただ楽しい、素敵なことも、そうはありませんよ!
ぜひこの感覚をみなさんにも体感していただきたいのです。

さてこの写真、近所のスーパーで売っていたエビフリッターチリソースです(^^;

…どんなに外側のテクニックを広げても、中身がこれではさみしいですよね(笑)
声も、共鳴やミックスボイス云々。テクニックに埋もれないように気をつけてくださいね♪ にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback