2017/03/21

ルールは基本的にできない人間のためにあることを忘れてはいけない

ボイストレーナーの浜渦です。

「ルールは基本的にできない人間のためにある」

…こういうと、いろいろな反論が聞こえてきそうですが、音楽家、美術家、俳優さんなど、またそれを目指す方には是非お聞きいただきたいと思います。

ルールは基本的にできない人間のためにあることを忘れてはいけない、と言ったものの、
ある事象について、できない人の割合が100%に近い場合もあるでしょう。

昨今、道徳や善行、正義までもがルール化されていることに気づかなくてはなりません。

ルールの中でできることに安心しては成長はないのです。
…だからルールを守ってることが偉い、ということはおかしなことなのです。

「ルールがないとめちゃくちゃになってしまうだろ!」

もちろん、その通りです。
ただルールをなくすだけでは無法地帯になるだけです。

ルールを必要としない人間になるには高潔な人間を目指さねばならないのです。

ルールを持たずに生きるために必要なもの、それこそが高い道徳とプライド、
あるいは神の存在なのかもしれません。
(私は無宗教ですが…)

それでもやはり人間は完璧でない。
だからルールを作るのは必要だと思います。
私などルールがなければあっという間に破綻するでしょう。

しかし、ルールはできないが故にあることを忘れないこと。
本当はお互いに成長する中で、ずっと変化し続け、そしてやがてはなくすことを目指すことを忘れてはならないのです。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント