2017/03/31

【決定版】感動を伝える声を「作るための順序」(と「諦める順序」)感動は楽器(身体)に宿る

ボイストレーナーの浜渦です。

声がうまく出せなかったり、良い歌やセリフが生み出せない時、
発声法(共鳴や喉の使い方)を疑って、そして次に呼吸法を…
という方が多いと思います。

…私はこれは大変まずいとおもっています。

では声に感動と伝達力を宿すためにはどのような順序で構成していけば良いのか…

1.楽器本体(身体)→2.呼吸→3.ゼロの声

これが私の答えです。
この3つが揃って「気持ちを伝えられる音色」が生まれます。
そして、この順序が大切です。
1.楽器本体とは、いかに身体を広げ、下顎周りを中心に喉を緩め、声帯の位置を自然に飲み込んで下げるか。
(すなわち楽器とはカラダの胸・肺周りや気道のフォームの事です。この3つにも作る順序があります)

2.楽器本体が緊張感のある状態で固定されれば呼吸は自動的にできるようになります。
逆に楽器本体が緩んだまま腹式呼吸をしてもその意味はほとんどありません。

3.ゼロの声とは、上で作った楽器本体と呼吸を一切変えずに鳴り始める最初の声です。鳴るまで我慢しないと、上の楽器と呼吸は死んでしまいます。

この3つが揃って基礎と言えるでしょう。

みなさんが気になる音域・音量・滑舌や発音などは、そのあとです。

つまりは楽器(身体)を作れるか、作れても守れるかに殆どかかってきます。
なぜなら感動は楽器に宿るからです。
しかし、一番大切なこの部分が、クラシック(声楽)の世界でさえ、大変おろそかにされています。
実はとんでもなく驚いたり嬉しかったり悲しかったりする時、
自動的にこのカラダのフォームが出来上がっていることがあります。

このことからもフォームの大切さはお分かり頂けるかもしれません。



先ほどの基礎の中に、
鼻腔共鳴などの共鳴や腹式呼吸やミックスボイスは自動的に含まれます。
つまり、それらは基礎ができればついてくるのです。
ここに気づかないと、結果の方法論に溺れてしまいかねません。

但し、基礎がちゃんとできてなくても出来る共鳴や、高い声の出し方もあります。
それらはなんとなくそれっぽく歌える感じにはなりますが、もし本当に表現をしたいのであれば、
何かを伝えたいのであればやめた方が良いでしょう。
私もお渡ししていません。

基礎が甘い中での技術は、感動がなかぬか伝わらないだけでなく、独りよがりに聞こえてしまったり、喉に対しても色々と危険です。

長くなりますので、では歌ったり舞台上で声の諦める順位というものもあります。
そのあたりはまた次回に…



今日もお読みくださり、ありがとうございました。


↓ブログランキングに参加しています♪よろしければおねがいします♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
FC2Blog Ranking

コメント

非公開コメント