L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その1

みなさまこんにちは。
ボイストレーナーの浜渦です。


声帯の位置について


「声帯を下げなさい」

このように言われた方も多いかもしれません。
ところが、

「無理に下げなくていい」

もっと言えば

「下げる必要はない」

さらに・・・

「宙に浮いているくらいの感じが良い」

さらにさらに・・・

「上がってても関係ない」

これではみなさん迷いますよね。
あの先生はこう言っていたのに、
今度の先生は真逆のことを言っている・・・

しかし、これはどれが正解というわけではないのです。
もし、あなたがレッスンで、このような場面に直面した時には、
まず、その疑問を先生なり、トレーナーなりにぶつけてみましょう。
聞ける雰囲気でないなら、そもそもそんなレッスンは・・・
喉



理想の発声から声帯の位置を考えると


まず、発声の理想が
「身体を全部使い切る」
であるならば、理想の声は、

「明るく」「軽く」「深く」

になるかと思います。
(誰かと比べてではありません。相対的ではなく、その人が出しうる中での明るさであり、深さです)

このとき、声帯の位置がどのように関わってくるのか?
声帯の位置によって、何がやりやすくて、なにができにくいのか?
(・・・もちろん個人差がありますし、ジャンルによっても変わってきます。)

それは次回にご説明したいと思います。
先に答えの一部ですが、
理想を言えば声帯の位置は下がっていた方が良い
です。
しかし、デメリットと、向き不向き、今の段階では無視した方が、などありますので、
注意が必要なのです。





【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback