L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その2

声帯位置の上下によって変わること


今回は「声帯を下げた場合の」メリット・デメリットを。
(前回の記事、
「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その1
の続きとなります)

個人差があることが前提ですが、
一般的に、声帯の位置が下がっているといろいろなメリット・デメリットがあります。
今日は一般によく言われる「声帯を下げろ!」に対するメリットとデメリットを。
(上げた場合のメリット・デメリットはさらに次回の予定です)


声帯が下がっていることのデメリット


・声帯を下げるのに余計な力が入った場合、息が流れず、固い声になりがち
・誤って余計な力が入ると喉が痛くなりやすい
・上記のことから鼻腔共鳴を手に入れるのがむずかしい
・喉を下げようとする思いが、姿勢や呼吸をくずしてしまう 等々
しっかり鳴らせる反面、喉周りから上が詰まったり、呼吸が硬くなってしまいやすいわけですね。


声帯が下がっていることのメリット


・声帯が強くしっかりなる
・声が薄くかすれにくく、密度のある声が鳴りやすい
・鼻腔共鳴だけでなく、喉や胸郭などもしっかり鳴らすことができる
・深く朗々とした響きを目指せる 
・マイクがなくても遠くまで響かすことができる 
・遠くまで響かすことができるピアニッシモが出せる 等々
もちろん、これらのメリットはデメリットをクリアした場合にのみ、クリアできる話です。

もうお分かりでしょうか。
声帯を下げることができると、喉および、喉から下のパーツを共鳴させることができる反面、
柔らかい響きやミックスボイスなどは苦手になる傾向にあるわけです。
声楽ではマイクを基本的には使わないことになっていますから(私は使っても良いとは思っています)、
下げることは、ある程度必要になってきます。(特に低声部において)

しかし!!そこで誤った練習やレッスンがおきてしまいます!
ただ下げればいいと、喉を硬くしてしまったり、舌根を無理やり押さえたり、
正しい発音を追い求めすぎて硬くなったり、
結果、歌が以前より下手になってしまうひとが多いのも日本の声楽界には起こりがちなのです。
それだけならまだしも歌うことが嫌いになっってしまったり怖くなってしまったり、、、
鼻腔共鳴を意識しすぎて、もはやインチキな民謡のようになってしまう場合も・・・

次回は声帯(喉)を上げることのメリット・デメリットと総まとめを。
「上げることのメリットなんて・・・あるの?」
と、思う方も多いかと思います♪
私がクラシックやポップス、声優さんなどあらゆるジャンルを研究・指導させていただけたからこそ、
書けることかもしれません。

それでは今回もお読みくださり、ありがとうございました。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています
Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback