L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その3

声帯位置の上下によって変わること完結編


今回は「声帯が上がっている状態」のメリット・デメリットを。
(前回の記事「声帯の位置とそのメリットデメリットについて」その2の続きとなります)

個人差があることが前提ですが、前回の記事で、喉(声帯)を下げた場合のメリット・デメリットはおわかりいただけたかと思います。
今回は、残る「喉を上がっている状態のメリット・デメリット」について。
上げる、というよりは上がってしまっている、と考えてみてください。


声帯が上がってしまっている状態のデメリット


・身体、とりわけ胸郭が鳴りにくく、マイクなしでは辛い(特に低声部)
・息漏れがしやすい
・気道が閉まりやすく、声帯をきちんと伸び縮みが難しい。
・横隔膜ではなく、あげて詰めることによって、呼吸量のコントロールをしてしまいがち
・地声を出すと声も呼吸も詰まりやすい
・長時間声を出すとうわずった声になりやすい
・余計な力は抜けやすいが、叫んでも迫力がでにくい
・密度の濃い、深い声は出せない 等々

余計な力が入ったが故に上がった声帯は、ボリュームもなくどうしようもないということですね。


声帯が上がってしまっている状態のメリット


必要な力は足りないが、余計な力も入りにくい
・余計な力が入りにくいので高音が鳴りやすい
・余計な力が入りにくいので叫んでも喉に負担がかかりにくい
・ウイスパーボイスやミックスボイスはやりやすい
・鼻腔共鳴もやりやすい 等々

つまり、もし声帯が上がっていても、余計な力は抜けやすいわけです。

ただし余計な力は入るわ、声帯は上がるわ・・・
と、悪いところが集まると、声は理想から程遠くなってしまいます。

上がりすぎると、それはその時点で余計な力が入っているわけですが、
力が抜けていて多少上がるくらいでは、ミックスボイスや、シャウトはむしろやりやすく、
そういう意味では昨今のポップスはじめとした、音楽シーンでもてはやされ、
ボイストレーニングスクールでも、声帯の位置も考えて体全体を使うことよりも、
ミックスボイスや鼻腔共鳴というテクニックに重きを置いているところが多いわけです。

さて、あげた場合、さげた場合、それぞれにメリット・デメリットがあるわけです。
ここで大事なのは、メリットを無視してデメリットを恐すぎないこと。
また、メリットを追求してデメリットがあることを忘れてしまわないこと。
「いま、このデメリットは目をつぶりながらメリットを優先させる」
ということもあり得るわけです。

浜渦式発声法が目指すものは、
身体・骨格をしなやかな楽器としてフォームを作り、
そのフォームが崩れないように、身体全体を息で満たし、
声帯が鳴るのをじっくり待ちながら作る。というものです。
つまり、何かのメリットの一点勝負ではなく、先に身体全体という楽器が、
声帯さえその気になれば、いつでも鳴り響く状態にしておき、
そのどの部分が鳴るかは感性の赴くままに、というものです。
ある音程では胸を中心に、でも鼻も顎も自然に響きだし、
またある音程では上顎周りを中心に、胸も鼻も自然に共鳴するというふうに。
(ですから、響かせるではなく「響く」、声を出すのではなく、声が「出る」のです)

そうすることでその人の個性あふれる、なんにも似ていない表現が生まれるからです。
贅沢な話ですが、全てのメリットを体全体で成立させたいわけです。
ただし、そのおかげで、多少のアラが出たり、音程やリズムに不安定さが出ても目をつぶります。
私がお渡ししたいのは、表現の自由さと面白さと個性であって、
何点とりました、ではないのです。
もちろんうまければなお良いでしょう。
しかし、そこそこ上手いのに面白くもなんともなかったり、
「そういう人よくいるよね」
と、常にどこかで見たような誰かに似ているような没個性では、
表現の面白さは半減してしまいます。

まずは体全体で表現すること。
それが個性につながり、面白さになる。
そしてそのことはきっと周りの多くの人を喜ばせる結果となることでしょう。

今回もお読みくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています
Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback