L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

なぜ「お相撲さん」は歌が上手いのか。「ここに基礎あり」

ボイストレーナーの浜渦です。
昔から言われ、みなさんも不思議に思っておられるかもしれませんが、
お相撲さん…力士はなぜ歌が上手いのか?

・・・簡単に言えば重心のコントロールに大変優れているのです。
決して「体重があるから」ではありません。体重があってもコントロールがなければなりません。
もちろん重心のコントロールこそが難しいわけですが…
ここに歌や台詞にとどまらない感情表現の本当の面白さ、
歌やセリフにとどまらない表現の基礎が隠されているのです…!

739254.jpg

力士は重心コントロールの達人


いつどの瞬間に押されても引かれても持ち上げられそうになろうとも、投げを打たれても踏ん張る…!!

力士は重心コントロールの達人なわけですね。
力士が押されても引かれてもぴくりともしないのは、カラダの中では、
驚くべきほどの重心コントロールが行われている訳ですね。

今回は詳しくは書きませんが、このコントロールで作られるのが、
「無限に変化させ続けられる音色」です。
理解してしまえば、音程が半音でも変化する時には必須である事が解ります。
文章では難しいので詳しくはレッスンで^^;
(文章や映像だけで伝えられるものは限りがあります。私の生徒さんはご存知だと思いますが、レッスンを受けて、腑に落ちて理解できても、文章には出来ないと良く言われます。これは声は理論とカラダが一体となって覚えるもので、どちらかだけでは不可能なのです。これはボイトレ本にも言えまして…詳しくはまた)

とにもかくにも、ここから解るのが、
「音程は正確だしいい声なのにつまらない」とか、
「上手いのに感動が伝わらない」
という人は、この重心コントロールがバラバラか、安定していても極弱い、
といった事が推察されます。
・・・私の経験上殆どの方がそうです。
逆に楽譜や歌詞の正確さに囚われて重心を失う人も。

↓ブログランキング参加中です。1日1クリックおねがいします↓
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ


歌も重心コントロールがすべて


歌やセリフはもちろん、表現と言われるものはほとんど同じような重心コントロールが必要です。
つまり、これが本当の基礎ということになります。
もちろん組み合う相手も土俵もありません。
逆にないから「暖簾に腕押し」で難しいわけですが…

さて、ここまでで、腹式呼吸や丹田、舌根や鼻腔共鳴の話はでてきませんよね。
これらのテクニックは、重心のコントロールという基礎ができる頃には自然と身についてきているはずです。
仮にまだできなくても重心のコントロールができる人はできない人と比べて技術の身につくスピード圧倒的に早く、さらにその有用性もずっと高いのです。


基礎の前に技術を入れない


むしろ避けないといけないのが、重心のコントロールができないのに技術だけあるという状態。
土俵に上がれば簡単に負けます…
つまり基礎のない技術では通用しないのです。

昔から関取でも技巧派はたくさんおられましたが、当然重心コントロールは超一流な訳です。
それでも、例えば体格が足りないという弱点を技術で補った、という風であって、
技術の前には人一倍の基礎があるわけです。

あなたの歌は上手いですか?下手ですか?
それは今はどちらでも良いです。
高い声が出ますか?でませんか?
それも今はどちらでも良いです。

どちらでも良いので、何があっても土俵を割ったりはたき込まれて土とならない踏ん張れる力とコントロール性能を手に入れましょう…と言っても当たり前ですが、力士ほどの恐ろしい力は必要ありません。
相手は力士ではなく、自分自身なのですから…。
加えて大切なのが、喉の使い方です。
ここは時に力士に近い使い方をすることもありますが、真逆の、
一番踏ん張っている時に声は腑抜けた声を出せるようになること、これができれば、もうほとんどのことはできるようになっているはずです。
これが、声という芸術の面白いところです。


浜渦式ボイトレ(宣伝も兼ねて)


浜渦式呼吸・発声法は、重心コントロールにより、導き出されます。
めざすのは、重心コントロールができるようになった時、上手く歌おう、ではなく、
「上手くなっていた」
また、上手い下手を超えたがっぷり四つの「感動を伝える取り組…でなく歌やセリフになっていた」
です。
全身を使った重心コントロールはあなたのまだねむっている感性をも呼び覚まします。
ここに個性と、あなたでなければならない声と表現が宿るのです。

そもそも、上手く歌おうと考えながら歌っている人の歌もなんだか…ですよね(^^;;
上手い下手より、
まずはあなたの歌をうたえるようになりましょう!
きっと周りから喜ばれるようになりますよ♪
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback