L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

【超重要】発声も歌唱力も「トランポリンと跳ねる人」の関係を身体の中に作れば解決!

ボイストレーナーの浜渦です。
今日はとても簡単に、でもとても重要なことを。

↓ブログランキング参加中です。1日1クリックおねがいします↓
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ


まず、身体の中にトランポリンと、その上で跳ねる人を思い浮かべてみましょう。
本当に身体の中で再現できるくらいに想像しましょう。

実はこれは「発声時における身体の中の筋肉の関係」そのものとなります。
トランポリンという横隔膜のバネで、呼吸というひとを弾ませるのです。
※ただしトランポリンを支える身体のフォームもとても重要です。
壊れたトランポリンでは大怪我しか寝ません。

レッスンでは浜渦式ジェスチャー法を使いながら「なるほど!」と腑に落ちるよう、わかりやすく覚えて頂きますが、
文章でも極力わかりやすく説明してみますと・・・

トランポリンをタイミングよく跳ね…かけたところで我慢する。

歌の9割、9割5分はここで歌うんです!!
これこそ本当のリズム感です。

もっと言えば、ここで跳ね上がるか、上がるのをやめるかを悩み迷うことができれば、
音色は自由自在です。
このあたりはレッスンで実感していただきたところですが・・・

トランポリンが弾みかけたところで踏んばることは実際の世界では不可能ですが、
人間にはその筋肉も身体の中にあるのです。
(横隔膜やそれ支える背筋や大胸筋等で作られる身体のフォーム)

これで万事解決しますよ!
前回のブログの簡単浜渦式!「三角形を意識するだけ」を合わせて実践してくださいね。


さて、どうやらこのブログ、
全くの初心者の方とプロの歌手そしてとりわけ「プロのトレーナーの方」に、
かなり参考にされていると最近お聞きしました。
「見えない声を言葉で表現書いてあるのでレッスンでとても役に立つのだとか」
とても嬉しいですね♪でもよく考えれば自分で自分の営業妨害?(笑)
・・・いえいえ!私のレッスンは私にしかできない、ここにしかない、世界一のものを、
多くの方に受けていただける設定で展開している自負と自信があります!
・・・偉そうですみません^^;
でもそのくらいの意気込みがないと、生徒さんを責任持って育て、
なにより楽しいレッスンすることなんかできないと思ってます!

私も闘病中ではありますが、そのことだけは譲らないでレッスンを楽しんでまいります!

●ボイストレーニングS.V.L.ウェブ
www.song-voice-life.com/
●ブログ
http://voitra.blog117.fc2.com/
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback