L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

上手い人ほど高い声で「音程のない声」をうまく使う!(586文字)

高い音が出てくると緊張したり、用意しすぎてうまく出ない方も多いのではないでしょうか?

そんな時無理に出さずにまずはその高音だけ適当に「音程を感じさせない」声をしてみましょう。
その音程のない声が出た後ですぐに目的の音程を目指すのです。

例えばコブクロの「蕾」
「きっと」の3連発は難しですが、
上手い人ほど前半は音程のない声を勢いだけつけて出しています。
それをイメージとしては「きいっと」
という感じで、
「き」は勢いだけで音程適当
「い」の後半で一気に正しい音程まで駆け上る」
ということをやるわけです。
もちろんそれをほとんどバレないようにまで持っていくのが練習ですね。
最初は曲の早さも無視して時間をかけてやってみてくださいね。
いつしかさらっと全て正しく聞こえるようになりますよ。

最初からきっちり正しい音程を出そうとする人は、例え正しい音程が出たとしても喉の詰まった苦しい感じの音になってしまいがちです。

そもそも高い音には感情のポイントがあるはず、そこに向かって駆け上れば、
たとえ多少音程が届かなくても「正しく気持ちよく」聞こえてしまうものなのですよ^_^

逆に高い音を駆け上がらずに最初から喉を上げて、軽く鼻声っぽく出せるようになるのも一つの手ですが、感情と関係のないただ出てるだけの高い声になってしまい、しらけてしまうかもしれません(^^;

難しですが、音程は正しすぎてもダメなんですね!
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback