FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

声、楽器音、足音、物を置く音etc.「自分から生まれるすべての音」に注意を払いましょう(611文字)

自分が出す音


音楽をやる・声を出す人なら、異論はあるかもしれませんが、
「自分が生み出すすべての音に」注意を払うべきではないかと思います。
楽器の音、自分の声はもちろん、
ドアの開閉、物を置く音、足音、笑い声等の生活音。
どなたでも、無意識な行動は特に「これくらいいいだろう」というなんとなくの基準はあると思います。
それがうるさいかどうかということでなく、共有という立場から考えてみるべきだと思うのです。

大切なのは想像力


自分の基準を押し通さずに、想像力を張りめぐらせることが大切かと思います。
ここまでは良いとか悪いとかとなると、想像力を欠いた極端な二元論になりかねません。

たとえそれが小さな声や音であっても、その共有できていなければ他人には不快感を与えているかもしれません。
また逆にそれが大きくて雑味があっても大勢の人と共有できていれば良いのかもしれません。
いや、大多数の人と共有できていても、残りの僅かな共有できていない人のことを蔑ろにするのも、表現者としては問題でしょう。
もちろん聞く側の想像力も大切になってくるでしょう。

…と言いつつ私なんかすぐに狭い想像の中で自分の正義を押し通したくなります。
もっともっと、深さと広がりを持った想像力を持ちたいと思います。

ここまで書いて、これは音や表現に限らず経済や政治にも言えるんじゃないかなあと、門外漢ながら思うのでした。
共有とは、何も考え方を一つにするというわけではないのですものね^^
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: 人生を豊かに生きる
Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback