L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

高い音で苦しくなるあなたへ送る「音色の変化のカーブ図」

高い声に苦しむ方、高い声は出るようになったけどただ出るだけでつまらない・・・
そんな皆さんにお届けします。


音色「3つのカーブ図」


ボイストレーナーの浜渦弘志です。
高い音で声が苦しくなる方はたくさんいらっしゃると思います。
下の図をご覧ください。
音色のカーブ図
目指すGoalの音程へどのように向かっていくべきか、3つの線で表現しています。


高い音が苦しい人は殆どAのカーブを辿る!


苦しい人はほとんどAのラインをたどります。
つまり、先に高い苦しい音色を想像してしまい、実際はまだ高くなる前から苦しい発声をしてしまいます。
Bのラインは普通の人が普通に高い音で苦しくなる様子です。
皆さんはCのラインを目指してください。
慌てず音色を楽な低い音程のの位置でキープしつつ、その間に呼吸圧を増やしてから目的の音程に移行するのです。
これが高い声を出す為の本当の準備です。


共鳴やミックスボイスはおまけ程度に考えるのが無難です。
それは何故でしょうか?


テクニックだけで出す高い声には感動がない?


共鳴や声帯の使い方、つまりテクニックだけで出す高音には感動が宿らないのです。
つまり出てもあまり意味のない高い声が出てしまうのです。
なぜか?
我々は感情が昂った時に声が高くなったりします。
感情が昂る時に、呼吸圧が高くなり、高い声が自然に出るのです。
この時、上の図のCのラインを自然に辿る訳です。
表現における基礎というのは、人間の自然な感情の動きと、その時に身体の中で起きる変化を掴む事が何より大切なのです。
テクニックだけで出す声は感情から切り離されています。
なので、高い声を出す理由がなくなってしまうのです。
これは大変重要な事です。
「いや、それでもとりあえず高い声を出したい!」
そういう方も多いと思いますが、後で後悔しないためにも、じっくり取り組んでくださいね。
その上でテクニックを身につければ今度こそ、そのテクニックは本当に大きな武器になりますよ!


ただ上手いより、愛され「共有できる」ものを


最後に、手前味噌で申し訳ないのですが・・・
私の生徒さんは本当に「聴いていて楽しくなる歌」を歌ってくださるようになります。
それは音程の変化やリズムが、常に感情がシンクロしているからです。
つまり、感情という個性が音楽とくっついているのです。
そうなると、聴いている人は上手いか下手かという耳では聞きません。
興味は面白さや感動の共有という絶対的なものになり、上手い下手という相対的なもの(誰かとの比較)なんてどうでも良くなるのです。
これが私が目指す表現、ボイトレの意味です。
皆さんもそんな歌や台詞を目指してください。
きっと多くの人に心から喜ばれ、応援してもらえるようになりますよ。

その上で、上手いか下手かなら、上手い方が「尚よろしい」(笑)
その位の方がずっと豊かではないでしょうか?
「高い声はどうなるんだ?」
大丈夫ですよ!
人に喜ばれ、共有できる歌が歌えるようになった頃には自然と高い声も出るようになっています!
これは本当です。
ちゃんと個性を身体を使いきって表現することは基礎はもちろん、テクニックも味方につける早道なのです。
そして何より楽しいのです^^

※15年近く前に書いた図ですが、今でも参考になると思います。こういう概念は当時のボイトレ業界には殆ど無かったと思います。
※著作権は手放してはおりませんが、引用・転載等される場合はご一報いただければOKです♪

【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback