L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

声は…後ろへ!?目指せお坊さん発声!「声をしっかり出したいのにうまくいかない方へ」

ボイストレーナーの浜渦です。

今日は簡単に発声のヒントを。

歌唱やセリフでは、気持ちは前へ出すことが必要なことが多いですよね。
もちろん、気持ちを内面に込めることもあります。

ただ気をつけてほしいことは、声をしっかり前へ出したければ、
あまり「声を前へ出そうとしない」こと。

矛盾しているようにも聞こえますが、声がしっかり、且つ乱暴でなく出ている人は、
体の中に響きを留めて、その響きを増幅して声を出しています。

一方、なかなか声がしっかりならない人は、一生懸命声を出そうとするあまりに、
体の中に響きが止まらずに、垂れ流してしまっている方が多いのです。
それでは一生懸命に皮面を叩いているのに胴体が響かない太鼓のようなもの。

そんな方にアドバイスです。
気持ちは前へ、顔も正面の伝えたい方向に向けながら、

「後ろの人に向かって呼びかける」

そんなつもりで声を出してみてください。
前から見ると、

「まるで声を出していないように見える」
でも
「しっかり声は聞こえる」

そもそも呼吸は声を出すときには当たり前ですが、前へ出て行きます。
それなのに、前へ前へと思いすぎると、エネルギー源である呼吸はどんどん垂れ流され、
身体をしっかり使うことができないのです。
エネルギーがないと、どんなに腹式呼吸をしても、お腹に力を入れても無駄です。

呼吸法や、いろいろなセオリーも大切ですが、そもそも私たちは、体全体を楽器として捉えなければならないことをわすれないでくださいね。

ちなみに、この声を出していないようで、しっかり聞こえる発声がうまい人が多い職業の一例が・・・

お坊さん腹話術師です。

私たちも負けて入られませんね♪
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: ボイトレ
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback