FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「なんだアイツ」になろう!

「なんだアイツ?」って普通は思われたくないですよね。
でも、なぜなりたくないのか。
以前私があるところで書いた文章です。
さあ、僕もみなさんも「なんだアイツ」になろう!
------
私のまだ二十歳の生徒から聞いた。
新宿で、絵本を持ってひとに見せ、
叫んでいた人がいたそうだ。
サラリーマン風で、
「こどものために書き続ける!」のだそうだ。

みんな
「なんだアイツ?」
という目で見て、
その”なんだアイツ”を笑っていたそうだ。

しかし私の生徒は「なんだこの人!?」
とは思ったが、笑えなかったそうだ。
「スゴイ!」と思ったそうだ。

それでいいと思う。
ほとんどひとは、その
”なんだアイツ”になれない。

マトモと思われたい一心が、
”なんだアイツ”に後ろ指を指し、侮蔑する。

でも、心のどこかで”なんだアイツ”を羨んでる。
いつだって絶対的に生きて、時代を開いてきたのは、
"なんだアイツ"なのを、
本当はみんな知っているから。


さあ”なんだアイツ”になろう。
君も僕も。
でも、ほとんどの”なんだアイツ”は、
朽ちて敗れ去るだろう。
しかし、人間的に充実したのはマトモな傍観者ではなく、
きっと、闘いの中に遊んだその、
”なんだアイツ”の方なのだ。

相変わらず青臭いことを書いていますが、僕もふとマトモな、無難な人生に憧れてしまうことがあります。
人と比べず、絶対的に生きるのは悲劇的です。
でも、それ以外に本当の充実はやはりないのだと思います。
私が一番おそれることは、"マトモ"と"なんだアイツ"に片足ずつ突っ込み、中途半端になることですが、そのぬるま湯にすぐ使ってしまおうとする自分もいます…クソッ(^^;;

さて、自分で書いた絵本を持った愛すべき"なんだアイツ"は今どうしていることでしょう。
たとえ敗れ去っていたとしても、土俵にあがった彼は人生のある面において勝者であり、次の「挑戦権を得ている」と私は思うのです。

さあ、「なんだアイツ」になろう!
私もみなさんも。
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: 生き方
Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback