FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

上手くても面白くなければ意味がない!【あなたの歌を一発で面白く感動的にする方法(その1)】

ボイストレーナーの浜渦です。
みなさんはボイトレに何を求めていらっしゃいますか?

良い声になりたい。
高い声を出したい。
上手くなりたい等々。

いろいろあると思います。
しかし、なぜ良い声になりたいのか、高い声を出したいのか、上手くなりたいのか?
これらは目的なのでしょうか?
私はこれらは目的ではなく、手段であると思っています。
あくまで、想いを、感動を伝える。
その時に、良い声や高い声はそれを助ける手段になり得る…と。

しかし、高い声が、上手くあること自体が目的であった場合、
どんなに高い声が出ても、上手くてもばれてしまいます。
何がばれるのか?

「この人は感動や想いを伝えたいのではないのだな」と。

場合によっては
「高い声を出していい気になっている」
「うまい事をアピールしている」
などと誤解を受けかねません。
…いえ、厳しいことをいえば、誤解ではないのかもしれません。

繰り返しますが、うまいことや高い声が出ることは素敵なことだと思います。
しかし、それは想いを伝えという大きな目的が達成されている中で、その目的を邪魔しない中での話です。

想いが伝われば、それが多少下手であっても、最高音に声が届かなくても、人は耳を傾け、感動し、あるいは喜んでくれます。
まずはこのことだけは信じてください。


その上で、歌やその他の表現が一発で面白く、自然で感動的になる方法を。

それは
「行き当たりばったりであること」
「反省しないこと」

この2つです

まるで社会では通用しない人間みたいでしょう(笑)
普通はそんな人嫌ですよね。
しかしこの2つは自由で伝わる表現のための必須項目だと考えています。
そしてそれは歌のうまさや高い声や良い声では到底カバーできないことなのです。
もしかすると、すでに私の言う意味が理解できている方もたくさんいらっしゃるかもしれませんね。
(私の生徒さんは理解できていると思います♪)
とても大切なことですので、文章で解説するのは難しいのですが、次回、なるべく詳しく解説しますね。

…このことはボイトレや声楽・ボーカル・舞台の勉強でで最も重要なことであるのに、ほとんどレッスンでは実践も解説されていないのです…

ヒントになるかわかりませんが、ひとつだけ条件があります。
それは「自然界の表現の基本的なルールを守ること」
それはいったい何か。
行き当たりばったりとはなんのことか?
反省しないとはどういうことか?

それではまたです♪
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: 人生を豊かに生きる
Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback