FC2ブログ
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

スマホに集中すると肩が凝るばかりか声と呼吸が硬くなる!…その回避方法とは?

ボイストレーナーの浜渦です。
スマホに集中する時間が長くなると、肩こりになったり呼吸が硬くなり、喉も硬くなります。
もちろん、これらは歌唱のみならず、すべての表現の大敵ですよね。
そんな経験をされた方も多いかと思います。
ではそれをなるべく回避する方法をどうせなら表現の技法と結びつけてご紹介しますね。
スマホを見る女性



1.肩・声・息が硬くなるシステム


近い一点にじっと焦点を合わせてみましょう。
体の筋肉は縮む方向に少し力がはいってしまうのがわかると思います。
当然気道は締まり、喉は硬くなり、呼吸も硬くなり、人によっては殆ど唸るくらいに息が止まってしまうでしょう。

これだけでも声と呼吸が硬くなるのはわかると思います。
その弊害で姿勢も悪くなってしまいます。

しかし、これをある程度回避する方法があります。


2.ポイントは「視野」の使い方


呼吸や声、肩などが凝り固まらないためのポイントは、ズバリ「視野の使い方」です
スマホの「周りの視野に入るもの全てを同時に視覚的に意識すること」です。
これだけで呼吸は柔らかくなり、声も硬くなりにくくなります。

視野と連動する筋肉は多岐にわたります。
多くの人は、驚いて息を飲むとき、胸・気道(喉)・目、が連動して開く方向に動くのです。
※上記のことは絶対ではないですし、私はレッスンでは生徒さんに訓練していただくのですが、この開く方向に体を動かすのは、お腹に力を入れたり、腹式呼吸をしたり、共鳴を研究する以前の表現の基本かであり発声のもっとも重要な基礎でもあります。
しかし残念ながら殆ど取り上げられることはないようです



3.スマホの眺め方「実践」


余計なお世話のような気もしますが、一度試してみてください。
まず、目を動かさずに、視野に入るもの全てを感じます。
動かさなくてもいろんなものが見えますよね。
家や喫茶店ならテーブルや椅子、マグカップや手帳。
床や窓も「同時に」見えるかもしれません。
その視野の真ん中にスマホを持ってきます。
すると、周りの景色と一緒にスマホの画面も見ることができますよね。
ただ、これだけです。

…本当、これだけでずいぶん肩凝りや息が硬くなるのを防げます。
ただし、体が良い意味で疲れます。
その疲れが嫌なら…スマホはほどほどにしましょう^^;


4.この視野の使い方は実は役者の基本!?<


…実は人は閉じる方向に筋肉を動かすのは簡単です。
寒いとき、熱い風呂に入ったとき、ものを持ち上げるとき、実生活でも頻繁に使います。
ところが広がる方向に動くときは…
鳥肌が立つほど感動したときや、どこからか近づいてくる犯人の気配を必死に感じようとするとき…
まあ、かなり非日常なときが多いのです。

もちろん、いきなり感動したり、犯人に追い回されるわけにはいきませんよね。
ですからそのときに使う目の使い方を視野の感じ方をつかむのです。
そうすれば体全体は開くようにできていますので、肩こりなどは起きにくくなります。
そればかりか、自分の力で感動したり、まるで犯人に追い回されるような緊張かも作ることができます。。。
…ということは?
この視野の使い方、ドラマや舞台の主役の方はもちろん、名優・名歌手と言われている方はみんなできることなんです。
というより、必須条件なのですよ。

逆に言えば、何年もやってるのに、知識がすごくあるのに、動きも悪くないのに、いまいち「らしくない」人は、こういうところで引っかかっていたりするのです。

体の開き方がわかれば、声は…自動的に柔らかく、そして自然になります。
その辺りの理由と実践はぜひレッスンにて。。。

実はこの開く方向の感覚は子供の頃は多くのひとができていたはずなんです。
見るもの全てが新しいために感動し、何より鬼ごっこやかくれんぼのときの鬼の気配を感じようとする力は野生動物のように殆ど命がけ。
ですから、当然表現も自由になるわけです。

たかがスマホと言わず、身近なスマホから、表現の主役の世界に入っていくのも面白いですよ♪
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: ボイストレーニング
Genre: 音楽

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback