L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「プロ」の「声と呼吸楽器の方の為のメンテナンス・ジム・コース」を開設します

プロのボーカル、声楽、俳優、声優などの声を使う方と、呼吸楽器の方の為の身体のメンテナンス・体力維持・筋力トレーニングの為のコースを近日開設します。

●毎日の演奏で激しく使う体のメンテナンスとバランス維持に。
●声と呼吸楽器の方向けですが、他の楽器の方にも。
●本番前の身体の調整や演奏専用の「トレーニングジム」として。


《プロの声を使う方と呼吸楽器のみなさんへ》
身体とその使い方などに疑問やお悩みはありませんか?
メンテナンスは十分に足りていますか?
素晴らしい演奏、感動的な演奏をされる活躍中のプロの方でも、毎日の演奏や練習、合わせなどで身体のどこかをを痛めてしまったり、疲れからバランスが崩れてしまう方は非常に多いと思います。

それでも素晴らしい歌を歌い、音を吹けるひとは、たとえ痛めていても、経験やテクニックでうまくこなす方法を知っていたり、どこか一点のずば抜けた武器で戦うことをしっているのです。
それはさすがプロだと唸らざるをえません。
しかし、そのままでは本当に体を痛めてしまったり、やがて年齢に勝てなくなってしまうという危険があります。

背筋や大胸筋をバランスよく適切に使えないと、全身で歌う、吹くことは不可能です。
また、脱力も不可能です。
(筋力をどこも使わないで力を抜くと、ただのフヌケになってしまいますよね)
背筋と大胸筋等を使うことで、表現のための圧力や溜めなどが生まれ、「表現のための腹式呼吸」が「自動的」に始まります。
さらに、ややなで肩になるため、肩こりや肩痛ともおさらばです。
また全身に心地よくテンションがかかり、柔軟さが生まれる為、
●声、音は出すから「出る」感覚を取り戻す
●身体のテンションが心のテンションを取り戻す
●身体を痛めない、改善する

などの結果が得られます。

しかし、これらを維持するには毎日のメンテナンスとトレーニングが必要です。
忙しいプロの方ほど大切です。
私たちは一般の方とは比べものにならない使い方をするわけですから。
逆に一般の方でもやり方がわかれば、時にプロを凌駕することができるわけです。
(私のアマチュア・初心者の方へのレッスンはその実戦です。)

さて、胸周り(背筋や大胸筋)を中心として、身体全体を適切に使えないと、その負担は、首や肩、時には腰に来ます。
さらに首や肩を使わないと、歌の場合は喉に負担がかかったり、楽器の場合は思い通りの音が鳴らないという事態になりかねません。

しかしプロである以上、簡単に痛めたり、適当な音を鳴らすわけにはいきませんので、多くの方々かが、首痛、肩痛等に悩まされるといった、悪循環に陥るのです。

そうなると、こなすことはできても、ここ一発の聴かせどころで、お客様は喜んでくれていても、自分の中ではなんとなく不満が残ったり、慢性的に達成感を感じられなくなってしまう危険もあります。

また、アマチュアの場合ですが、背筋も大胸筋も首も喉も肩も痛めないのに、伸びやかに声を出せるし音域もそれなりにでる(と勘違い)している場合があります。
これは息の通し方と響きの抜き方というちょっとしたテクニックで可能ですが、どんなにうまくなってもプロとしては通用しませんし、必要ではありますが、十分には程遠いテクニックです。

さて、この適切な身体の使い方は本を読んでも分かりません
本を読んでその通り筋肉を動かせればだれでもオリンピックに出られますよね。
それ以前に、骨格も筋肉の質も、目指したい方向性も十人十色、百人百色ですから、そんな簡単にはいかないのです。
また、医学的見地からどうなるものでもありません。
演奏の場合はどうしても多少の特有の無理はかかるものですよね。
それでも少しでも長く、痛めずに、バランスよく身体を使い続ける為に、また改善し、より自分の理想に向かう為に、そのメンテナンスにいらっしゃいませんか?
現在も多くのプロの方や音大出身の方がメンテナンスの為に口コミでお越しになるようになりました。
そことこの度、専門のコースを開設するべく、その準備をすすめています。

プロだからこそ、なかなか自分を振り返る時間がない、そんな方へ。
年齢によらず、身体と体力の維持、メンテナンスとバランス調整をしてみたい方へ。
表現のための使い方とメンテナンスで、みなさんの素晴らしい表現の世界をもっともっと世の中には伝えてください。

当然ですが、私はみなさんの表現方法や世界観には一切手をつけません。
(それはみなさんの方が優れているはずです)。
私は身体づくりとメンテナンスのお手伝いをするだけです。

本番直前の30分、コンサート前のメンテナンス、演奏の体力維持のために、一般のジムとは違う、演奏、声につながるトレーニングジムにお越しください。
演奏のためのトレーニングジムです。
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Theme: 身体のメンテナンス
Genre: 音楽

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback