L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

重力に逆らわない・・・高音を出すために

例えばトランポリン。
より高くジャンプするためには、
どのタイミングで踏み切ればよいか。

当然、落下してきて、身体が一番沈み込んだ時ですね。
しかも落下中はもう、どんなに頑張っても、
ジャンプはできません。

もうひとつ。
ジェットコースター。
これもくだりは、自然に加速します。
その勢いで次の登りに向かうのです。

さて、声は、息を遠くに高く投げられれば、
これ、即ち、高音をより遠くへ響かせられる、
ということになります。

このとき体の中を、重心(ここでは息)が落下し、
また沈み込んだ瞬間に踏み切っているかどうか。
つまり、より高い音を出したければ、
より、深く落下し、トランポリンのように
踏み切れるかがポイントになります。

高音に苦しむ人は
①落下の時に重力に任せず力で押さえつける。
②落下してないのにいきなりジャンプしようとする
(つまり、ひざを伸ばしたままジャンプしようとしているようなもの・・・)
この二つが多いです。

さあ、身体の中の重心を感じ、
ジェットコースターのようにくだり、
トランポリンのようにはねましょう!
これぞ想像力トレーニング!
具体的にはどうするか・・・
またレッスンで!

※無断転載はご遠慮ください(過去分を含む)
 ご希望の方はご一報くださいませ



ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います


お問い合わせは
hiroson1972@yahoo.co.jp
までお気軽に…



にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback