L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

声は逆算・・・ものを相手になげながら発声法!?

例えばなにかモノを相手に投げる時、
相手がしっかりキャッチできるかどうかは、
コントロールだけが問題ではありません。
他にスピードや角度もあります。

でも一番大切なのは、
どういう風にキャッチして欲しいかを想像すること。

もし、
「ものすごく大切なものを受け取るようにキャッチしてもらいたい」
と思うなら、
投げるコチラの身振り手振りも当然かわります。
手だけでなく、
ひざや腰、、身体全体を使って、
「勿体」をつけて
「さあ、いくよーっ!」
とばかりに、相手にジェスチャーするはずです。

まとめますと

相手が受け取る姿の想像

そのためにどんな放物線を描けばよいか

どんな身振りでやれば、そうなるか

と、おわりから逆算するのです。
声も全く同じだと思います。
たまに新規の生徒さんをみると、
役者をやりたい、歌手になりたい・・・
というわりに、この逆算を、全くしていないようなかたがおられます。
いい声を出したいばかりに、相手の姿が見えなくなっているのです。

どんなにコチラが気持ちを込めても、
受け取る相手は額面どおりにはなかなか受け取ってくれません。

上記にしるしたフローを参考にしながら、
どなたかにか受け取り役をお願いして、
投げる瞬間に「ハイッ」と声を出してみましょう。
相手が大切そうに、うれしそうに、
「こんないいものもらっていいの!!?」
とばかりにうけとってくれれば◎。

その時出た声はきっと、すばらしい息に支えられた
良いものとなっているはずです

ぎゃくに相手がきょとん、としていようなら・・・やり直しです!

私の方法論は言葉で説明するには限界がありますね・・・すいません
またレッスンでお会いしましょう・・・

※無断転載はご遠慮ください(過去分を含む)
 ご希望の方はご一報くださいませ

↓ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

お問い合わせは
hiroson1972@yahoo.co.jp
までお気軽に…
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

  • とまと
  • URL

こんにちは(^o^)
ご訪問&コメントをありがとうございます。
相手に受け取って欲しいように、投げる。
声も気持ちも、同じなんですね。
勉強になりました。
感謝のポチ~

  • h.hamauzu
  • URL
とまとさんへ

こちらこそ、いつもありがとうございます。
演技(ジェスチャー)と呼吸って連動しているんですよ。
本当によい演技をされる方はよい息をしていますよ

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback