L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

では「零点」とはどんな状態か?前回の記事のコメントに寄せて

前回の記事で、零点、についてとりあげました。
まず、零点を取れと。
その記事はこちら↓
http://voitra.blog117.fc2.com/blog-entry-691.html

Holy Knightさんからこんなコメントをいただきました。
「我流やヘンなクセを取っ払っていって、プレーンな状態にしてからってことでしょうか」

もう、仰る通りです!
しかしそれがむずかしいですよね。

一本のロープがあるとします。
ピクリとも動いていない。
これも零点、プレーンな状態と言えるでしょう。

しかし、左右を見ると100人ずつがそのロープをひっぱりあっていたとしたら。
これこそ、欲しい零点なのかもしれません。
ピクリとも動かないほどバランスはとれているのに、、、緊張感はすごい…
そういうバランスの上に立った零点を取らないといけないのです。
これができれば、逆にクセなんかすぐとれるでしょう。

そのロープは果たしてなにを争っているか。

息を吐く力と、止める力です。

まずは一人対一人でも良いです。
バランスがとれれば。
それなら1点取れます。
50人対30人なら
マイナス20点と考えましょう!

誤解を恐れずにいえば、
そのためには、力が入っていても構いません!

そして、そのバランスがとれたいたら、
どんなに力が入っていても、
周りは「チカラを抜け!」
とはだんだん言わなくなります。

不思議ですね♪

チカラを抜け、といわれて、本当に全部抜こうとする素直な人は、
損をしますよ♪
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

  • HolyKnight
  • URL
難しい

頭でわかったとしても、いざ実行するのは難しいものですね。
何事も練習・訓練の積み重ねでしょうね。
(;^▽^;)/アセアセ

  • h.hamauzu
  • URL
Holy Knightさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなりました。
これが、意外と難しくもないんですよ♪
他の楽器と違い、声帯は見えませんから厄介ですが、
そのバランスの取り方をつかめば良いのです。
そこが、ボイストレーナーの腕の見せ所です。
確かに「バランスを、取りなさい!」
などという、方法論を無視したような指導をされる方もまだ多くいらっしゃいます。
しかし、それではやる気をなくすだけ…
前述のように、見えない部位を扱いますので、
想像力が必要になります。
ですから、わたしのレッスンは、
ジェスチャー、パントマイム、あとは、
実生活になぞらえた例え話のオンパレードですw
どういう想像をどの生徒にしてもらえば、
「気づいたらできていた」となるか。
これができてこその、ボイストレーナーだと思うのです。
すみません。わたしの宣伝のようですね(^^;;

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback