L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「息と呼吸の関係」は「恵みの雨と障害物」の関係

おはようございます。
早速タイトルの解説です。

考えれば当たり前の話ですので
「当たり前やろ!」という話でもありますが…

声帯はどんなに良い状態に締めたり伸ばしたりしても、当然そこに息が来なければ振動はしません。
つまり声帯にとって息は、
取り合えず振動させるという点では、
恵みの雨となります。

しかし、その息(ここでは呼気、つまり吐く息ですね)にとっては、
ただ吐くという点では、
声帯は障害物となります。
ストレートに吐けるのを声帯が閉鎖することで、阻害されるわけです。

この関係をカラダで、もしくは想像力で把握しておきましょう。
(カラダで、というのは考えなくてもできている人…)

息が障害物である声帯に当たったときに減速したり、また一瞬止まると、
詰まったようになったり、
喉にダメージをあたえたり、
なにより不自然です。
だからといって息の量やスピードをあげて、勢いで声帯に体当たりなんかすると、
それはそれで乱暴な声となり、
痛め、また不自然です。

そのあたりの解説と具体的にどうすればいいのかを、
最近のレッスンで指導させていただいております。

(私のレッスンは…絶対怒りませんw
それがコワイという人もいます…?
レッスン中も随時ご質問いただいて大丈夫です)
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback