L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

自分のやりたいことがわからない、という人がとても多いですが・・・

私のまわりにも、
「一体自分が何をしたいのかがわからない」
「何をしたいのか見つからない」
というひとがとても多いのです。
それは、
なにも若い人だけでなく…

私なんかが言うのも何ですが、
「探しているようじゃ、みつからない」
と思うんですよ。

私がこの業界に入ったのも、成り行きの部分が多いですが、
別にボイストレーナーであることが、
音楽をやることがもくてきではないんです。

要はそのやりたいことや職業を通じて
「何をしたいのか」
大げさに言えば
「世の中をどういう方向にもっていきたいのか」
だと思うのです。

そのためには、世の中をよくよく観察することが大切だと思います。
そうすれば、世の中のおかしいところ、素晴らしい所が見えてくる。
そこで自分の価値観、つまり、なにに「腹を立て」
なにに「歓喜する」のかがわかってくるはずです。

しかし、それは現実世界を見るのであって、バーチャルなものの中にはなかなか見つからないと思うのです。
また、必ず、感動したものや、腹が立ったものに対する「反対意見」を無視せず、
吟味し、その価値観や背景を認めること。

その上での、

音楽家になりたい、絵描きになりたい、正社員になりたい。
でなければ意味が無い。
実は多くの人はそれがわかっているからこそ、
なにがやりたいかが見えてこないのでは?

そう思うことがあります。

音楽家であることが、立派な会社に入って立派に稼ぐことが、
目標であっては、
それこそ「害悪」になりかねません。

音楽家になってどうしたいのか?
美容師になってどうしたいのか?
うまくなってどうするのか?
人々を幸せにしたいなら、幸せにすることによって世の中をどうするのか?

それがなくてはこの現代にこそ、精神的にしんどいことになってしまうのではないでしょうか?

偉そうに言いましたが、
こんな自分を「育ちが悪い」などと書かれたこともありますがw
そんなん、知らんがな~(*´∀`*)
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

  • オバrev
  • URL

全く同感ですね。

私もいわゆる自営業に分類されると思いますが(・・・超零細企業ですので)、様々な問題や壁にぶつかるときに、自分の芯となる理念や信念がしっかりしていないと、どうしてもブレるんですよ。

そうなると、つい目先の利益を追求して結局お客さんに損害を与え、信頼を失いことになりかねない。

そうは言っても、こういう変化の激しい時代ですから、変わらない信念というかミッションをしっかり確信しながらも時代に対応していかなくてはいけません。

なかなか難しい時代だとは思います。

  • Hiroshi Hamauzu
  • URL
オバ様へ

オバさん、こんばんは。
ありがとうございます。
まったく違う分野でも、こうした意見をいただけると、仲間がいるようで
心強く、またほんとうに嬉しいです。
どんなに変化があっても、生きているということは確かですよね。
ならば、、、ならば、誠実に生きたい。
そう思うのです。
今後とも宜しくお願いします!!

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback