L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

切実に生きる病人のような強さと緊張感を

詰めながら開放する。
ここに極意があると思う。
一見矛盾しているようだが、

血が吹き出ないよう、必死に総身に力を込めながら、
おおらかな、生きた証の呼吸をする。

そんな死に瀕した病人のような、切実な生き様が、
私たちには必要なのかもしれない。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback