L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

鼻腔共鳴に頼りすぎてはいけません

鼻腔共鳴。
クラシックはもちろん、
声優さん、俳優さん、ポップス他、
あらゆるジャンルに必要なテクニックです。

・・・ですが、万能ではありません。
きつねうどんの「おあげ」さんのようなものでしょうか?
うどんがしっかりあって初めてなりたつ。
(ダシ?…考えてなかったw)

鼻腔共鳴が手に入ると、音域はグンとのびます。
でもその前につまっている、ことも重要。

詰まっているものが抜けることによって共鳴すると、
歌う方も聞く方も気持ちいいのです。

でないと、共鳴はあるのに、息が続かないとか、
共鳴はあるのに、高い音がいまいちとか、変なことが起こります。

なんか文章ヘン・・・^^;
寝ます にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback