L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

クロスオーバーな声を・・・伝わる声。クラシカルでもポップでもない、普通の声。

私はもともとクラシックの歌い手でしたが、
そのうちになんでもオールジャンルを指導できるよう、研究を始めました。
ポップスを指導し始めたとき、
迷いに迷い、やっと分かったなと思った頃、
今度はクラシックのやり方が分からなくなってしまいました。
そして、近年やっと、
その両方が正しく、
そして、両方ともをミックスしたクロスオーバーな声作り、
というものにたどり着きました。

これだけ書いてたら
「それぐらい気付けよ」
って感じですが、実際体感して分かるのに苦労したようです^^;

ポップスの軽さと、クラシックの広がりを併せ持つ声。
あくまで息は軽く、そして重心は重い。

この軽さと重さが拮抗し続け、
その間にあるもの。

それが「伝わる何か」であると。
そのクラシックでもポップスでもない声、
それは・・・

「普通の声!!」

といっても誰よりも伝わる普通の声。

これを多くの人に伝えて行きたいと思います。
軽さだけに頼るとある程度高い声もでます大きい声も出ます。
重さだけに頼ると、ある程度高い声も大きい声も出ます。

でもそれはニセモノかもしれない。
その両方が喧嘩すると、身体ははちきれそうになる。
そんな命の賭け方

やっとしっかり伝えられるようになった気がします。

皆様、今後とも宜しくお願いします!!
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback