L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

下手でいいという理由…もう上手いか下手、なんて土俵は降りよう

上手いか下手。
それはいままでにあった何かとの比較でしかない。
そんな土俵はもう降りましょう。

たとえ下手であっても「下手であること気にされない」声を出せばいいんです。
上手くやろうとしていたら下手がばれるんです。

上手くやろうとなんかしていない?
下手でいいとおもってやっている?
そういう方もいると思いますが、
敢えていいます。

それもダメです
下手でもいいですが、
下手でいい、と思ってはいけません。
何も思わない。
それはまだ上手い下手の土俵にいる。
上手いか下手かというのは誰かとの比較でしかないと思います。
それじゃあ、オリジナルは生まれない。

ただ、息が、でてるなあ。
ついでに声が出ているなあ…
それだけ。
そうすれば、こころが見えてくる。
嬉しいとか悲しい、以前の。
だって人は「上手い」ではなく、
「こころ」が欲しいんですから。
そして歌うとき、セリフを言うときは、一生懸命表現する。こころで。
声と息がひどくても無視して。

その為には呼吸と声を独立して無意識的意識のうちにうごかされなければなりません。

いまそれを具体的な方法で生徒さんにやってもらっています。
できたときの顔。
ナチュラルなんだけど、感動しているのがわかる、そんな顔。。。

自分でも本当、変わったトレーナーだと思います(笑)
かつて自分はうまくなければ!
とがんじからめになっていました。
それが、よかったのかな?

最近、他のトレーナーの方からも参考にしていただいていると、大変嬉しいお言葉をいただくようになりました。

次世代のトレーナーも育てたいな…

おこがましいかな?
ではまたです。

※転載される場合はご一報くださればありがたいです♪ にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback