L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

舌を下げるためには舌を下げようと思わないこと!?

よく「舌を下げて~」
と言われますよね。
厳密には舌の奥の方、舌根とかいわれているところです。
しかし、
口をあけて、見えている範囲を下げようと意識してもさがりません。
スプーンで、無理やり抑える方法など大学で教わりましたが…
余計に跳ね返そうとして、ほとんどの方にとって、逆効果でしょう。

そもそも、なぜ舌があがっているのか?
いろいろ考えられますが、
舌をあげないと声が出ない「事情」があるはずです。

よくあるパターンは、
腹式呼吸の問題よりも、
のどの根っこ(とりあえずこう言っておきます)が開いて、息を止める場所がなく、
どんどんでてしまうのを防止するため。

のどの根元、イメージとしては鎖骨のあたりで喉を締める感じがないと、
息は
ストレートに出て行ってしまいます。
これを腹式呼吸だけで処理するのは不可能です。

なかなか文章では表せませんが、
ここをいじるだけで、舌は勝手にさがります。

だから、教えるときもあまり舌のことを意識させないことが重要なのです。

意識すればするほど、舌というやつは、
いうことを聞かないですからね♪


※転載、引用される方はひとことご連絡いただければ幸いです にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback