L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

うがい(のマネ)発声で息と声を繋ぐ

発声において、息と声が繋がる瞬間。
つまり声の最序盤、
ここがうまくかないと、
そのあと、どんなに工夫しても、取り繕ってもなかなか、うまくいきません。ここですべてが決まるくらいに思ったほうが良いかも知れません。
すごく頑張ってるのにうまくいかない人。
生きと声の繋がる瞬間。
つまり私の言うところの
「ゼロの声」
を感じずに、シンドくなってから、
腹筋がどうだ、呼吸がどうだと、なっていませんか?
その瞬間を逃してからでは、
ある意味、もう遅いのです。

私はよく「喉をつめろ」といいます。
これは、一般的には
「えーっ!?開放しろ、でしょ!?」
と思われがちです。

しかし、うがいをするときを考えてみましょう。
私たちは喉の奥をつめているてつもりはありませんが、自然につめています。奥を細くすることで息の勢いをつけ、
入ってくる水に負けないようにしています。
でなければ、飲んでしまうか、器官に入って激しくむせることになります。
奥を細くして、一定の呼吸でバランスを取る。
我々は幼少期よりこんな器用なことをしています♪

これを応用する方法です

…と、本日はここまで(^^;;

※転載、引用される方はひとことご連絡いただければ幸いです にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

  • 三谷
  • URL

うがいで発生する時、舌はどんな感じですか?
舌を押し下げて、うがいをすると水が入ってしまうのですが・・・。

ちなみに開鼻声です。

  • h.hamauzu
  • URL
三谷さんへ

こんにちは。はじめまして。
古い記事にコメントいただきましてありがとうございます。

人にもよりますが、舌の奥を下げた状態でうがいし、発声するには、有る程度口蓋垂側がおりている状態になります。
つまり、開鼻声の状態ではかなり困難になります。おっしゃる通り、
喉に水が入るかもしれません。
ただ、開鼻声というのは、過度に息が鼻に流れている状態と認識していますので、その状態でうがいができることが必要はあるのか少々疑問です。
…実際は何を目的に、どのようにされているか文章ではなかなかわかりにくく、また当方もお伝えしにくく、申し訳ありません。

もしよろしければ、一度見せにきてくださいね。

※私自身、日々改善、進化を目指しており、古い記事にはもしかすると、よくない表現もでているかもしれません。またチェックはしていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback