L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「息の通り道はとにかく広く」は「間違い!?」

息の通り道をあけろあけろ、と、
とにかくうるさく言われることが多いです。
これは正解ですが、間違いでもあります。

のど全体の息の通り道をあけると、声帯の大きい人は、
声帯が合わなくなります。
こうなると、どんなに腹式呼吸が出来ていようが、
意味がない…
息は漏れ、こえはガサガサに・・・

もちろん、全体をあけることが必要な場合もあります。
それはいわゆるウィスパーボイス、といわれるような息を混ぜた声。

でもしっかりした地声で声を張りたいなら、ウィスパーボイスから持っていくのは、
最初のうちはとても難しいのです。
ですからまずは、一カ所だけ、息の通り道を狭くしてやる。
こうすることで、まずは声帯を合わせることをおぼえましょう。

ちょうど砂時計の形。
一カ所だけ狭いですよね。
でも止まらない。

その一カ所が難しい。
なるべく低い位置が望ましいのですが、
低い位置で狭くするのが難しいのです。
高い位置で狭くするのと、
低い位置で広げるのは簡単です
でもこの2つで声を張ると・・・はい、つぶれます・・・

そしてこの狭い気道よりもさらに狭い息を出し、
その息が止まらないよう、気道がひろがらないよう声にバトンタッチする・・・

今日は時間がありませんが、また詳しく書きます。

わたしはこれで・・・4オクターブ以上出るようになりました(笑)

※転載・引用される方は、ひとことご連絡くださいませ♪
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback