L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

お客さんが求めているものと「自分が求めているもの」とのズレ

昨晩まで関西でレッスンをさせていただいていました。
今朝東京に戻り、こちらでのレッスンを再開しました!

関西ではクラシックを中心に指導させていただきましたが、
いつも思うことは、

お客さんの求めているものと、
歌いてが求めているものとのズレ、
です。

いや、歌を始めた最初の頃は、
感動したい!
または、
感動を届けたい。
という点で一致していたと思うのです。

ところが、だんだん、
ひっくり返らないためになりふり構わなくなったり、
ひたすらいい声をもとめて吠えたり…

特にアマチュアであるうちには、
そんなことなるべく忘れて欲しいんですよ。

そんなことしてたら、
歌が苦痛になってしまう。

ひっくり返ろうが、
多少声が揺れようが、
少しくらい音痴でも、

その人がどこからどこへ向かって、
どんな呼吸を届けたいか
つまりは
=どんな気持ちを届けたいか


それが伝わることが大切だと思うのです。
それを、うまくやろうとすることで、
スポイルしてしまってはもったいない!

大失敗しながらも、気持ちを伝える。

恥ずかしいし、難しいけど、
ずーっとさわやかだ(^ー^)ノ

…うーん、耳が痛い(笑)
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback