L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「それっぽい」声を出さないこと。基本とテクニックの違い

皆様こんにちは。
クラシック、ポップス、ナレーション…
それぞれにおいて相応しい響き、
というのがありますよね。

その響きはあくまで「響き」なのです。
その前に、フツウに声が出るか。

たとえば、クラシカルな響きだけを求めると、
「クラシックっぽい声」という、
あとあと大変になる声が出てしまいます。
他のジャンルでも同じです。

○○っぽい、ではなく、
フツウに地声を、胸をシッカリ鳴らせるか。
こう書くと誤解を招く場合がありますが体腔共鳴は基本です

その地声と体腔共鳴という「基本」だけでは限界があります。
ありますが、その基本の限界を知らずして、
鼻腔共鳴も、チェンジボイスも、ミックスボイスも効果は限定的です。
その基本の限界を知るからこそ、
これらのテクニックの必要性を身体自身が必要とし、また生きてくる。


基本をつくる前に、テクニックに溺れては、
そのときは一瞬いい思いをする可能性はありますが、
あとあと
「声が痩せたり」
「うまくなったはずなのに、誰も感動しなくなった」

なんてことになりかねません。

そして、その基本をしっかり指導する方が、実はトレーナーとしての腕の見せ所であったりします。
それだけ難しいとも言えます。

私がミックスボイスなどのテクニックをあえて「オマケ」というのには、
こういう理由があります。

しかし、基本ができていれば、
そのオマケも、素晴らしい効果を発揮します。
だから、テクニックは絶対に必要。
でも、その前に…
というお話でした♪

※転載、引用される方はひとことご連絡いただければ幸いです にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback