L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

テクニックが生み出すものと、基礎が生み出すものの違い。まずゼロの声でスタートラインに。

皆様こんにちは。
ボイストレーナーの浜渦です

さて、ここでいうテクニックとは、
声帯のコントロール、鼻腔共鳴や、
チェンジボイス、ミックスボイス等です。
(これらの言葉の意味をご存知ない方は知らなくてもよいくらいのものばかりですので、ご安心を…)

そして基礎とは、呼吸のコントロール。
とりわけ呼気(吐く息)の方向性と強さです。

そういう意味では、
テクニックは感心を生みます
そして、
基礎は感動を生みます

どちらが大切か?
当然、感動です
(と言っても趣味の問題もありますが)

本来呼気が弱いと、声はへろへろになったり、ガサガサになったりしますが、
テクニックを使えば、これらを補えます。
つまり本来の感動の源である、
息ができてなくても、それらしく聞こえてしまうのです。

これが、いまの業界を蝕んでいると思っています。

これでは感動のない声、いや音です。
みんな上手い音を出す。
けれども、欲しいのは
「美味い声、つまり呼吸です」

この基礎は、そのスタートラインに立つのが大変です。
このスタートラインを私は
「ゼロの声」と呼んでいます。

そのスタートラインにたつだけでもすごいバランス感覚がいるのに、
そこから1センチ走り出すのも大変なんです。

ところが、多くの方が、スタートラインを無視して、最初からゴールの声を出そうとする。
これはジャンル問わずその傾向にあります。

しかし、このスタートラインをみつければ、
必ずテクニックはおまけでついてきます。
人生…かわるよ(笑)

お会いしてレッスンできない方には、
具体性のない文章かもしれませんね…ごめんなさい。
ただ技術に走る業界を危惧します。
基礎を的確に指導する方がよほど難しいというのに…
技術は基礎ができてなくても教えることができたりしますし…
(できないはずだけど。)

※転載される方はひとことご連絡いただければ幸いです
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

  • シェラ
  • URL

お邪魔します~

基礎は、ホントに大事ですよね・・・

テクニックばかりで基礎がなければ、何事も上達しない

剣道もそうでしたね

素振りをしなければ強くなれなかった

今は、勉学の方で基礎の大切さを毎日実感しているところです

計算力に単語、知識・・・

土台をまず一番に固めなければ


では、お邪魔しました^^


Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

皆様こんにちは。ボイストレーナーの浜渦ですさて、ここでいうテクニックとは、声帯のコントロール、鼻腔共鳴や、チェンジボイス、ミックスボイス等です。(これらの言葉の意味をご存知ない方は知らなくてもよいくらいのものばかりですので、ご安心を…)そして基礎とは、呼...