L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

歌詞の読み方~その①~

いままで発声ばかりでしたが、
「歌唱法」についてもぼちぼち行こうかと思います。

歌を歌うには、リズムやピッチ(音程)など様々な要素があります。
いろんな人に、
「歌を歌う時に何を大切にしますか?」
と聞くと、よく
「気持ちです」
と答えてくれます。
そこで、
「では、いまの歌詞はどんな気持ちでしたか?」
と聞くと

「えーと・・・分かりません」
とか
「さみしい気持ち・・・?」
挙句の果てに
「作者じゃないからわかりません・・・」

・・・これじゃあいけません。
確かに歌詞は、他人が書いたものかもしれませんが、
それをいま、自分がこころに想ったものとして表現できなければ
意味がない、と考えます。
たとえオリジナルの歌手が、その歌詞を
「悲しく」歌っていても、
私がそう思わなければ
「うれしそうに」でも「さみしく」でも
なんでもよいのです。
「そんな歌じゃない」
と言う人もいますが、
「そんな歌かどうかは本人の決めること」
ちゃんと、深い表現ができていれば、
たとえオリジナルとかけ離れていても、
「なるほど。そういう表現もあるのか」
と聞いてくれるはずです。

ではオリジナルに忠実にやるとどうなるか?
「上手いですね?物まねが・・・」
となるかも知れません。
たとえ同じ「悲しく」でも
ひとそれぞれによって感じ方が違うはずです。
ですから、その瞬間瞬間の歌詞を、
「いま自分が発したことばとして」
「自分の気持ちで」
表現できなければ、それは意味がなくなってしまう・・・
私はそう考えるのです。



ブログランキングに参加してますです。サクッと一押し願います
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています
Theme: ヴォイストレーニング
Genre: 日記

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback