L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

呼吸が掴めてきたらあとは「覚悟」だけ

吐く息を一生懸命、
入る息は自動的に。
つまり肺の圧力のコントロールができてくれば、
あとは、そういう呼吸で「生きていく」覚悟ができるかどうか。
練習するときだけではなく、
話すときも、
歩いてるときも、
仕事してるときも、
ボケーッとしてるときも。

もちろん、練習以外のときはゆったりと…
(一日中本気で本番用の強い息をしてたら夜は、呼吸=気持ちが興奮して眠れません)

この、覚悟がとにかくすべて。
今日は奇しくも生徒さんから

「この息で生きて行くんかぁ。こりゃ相当な覚悟がいるな…」

と言われました。
うれしいですね。
その覚悟こそ、人間として表現の世界で生きるということだと思います。
それは、音楽とか絵とかいう以前の話。
生きてるついでに、つまり、
表現しているついでに、歌や仕事や散歩や食事をすればいい。
生きてるついでに絶望したっていいんだと、私は思っています。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

  • anzai
  • URL

今日はレッスン ありがとうございました!

ここ最近、気分的に落ちてしまうことが多く、一番出してはいけない呼吸、ため息ばかり出していたのですが、レッスン後はいつも蘇生できます(^^)

歌う時だけでなく、日ごろから意識的
に今日のレッスンのような呼吸をしていれば、自分の中で何か変われるのではと感じました。

  • Hiroshi Hamauzu
  • URL
anzaiさんへ

anzaiさん、ありがとうございます。
なによりのお言葉です。
かくいう僕も、しょっちゅう落ち込んでいます。
でもそれも少しは楽しめるようになったかな!?
呼吸は無理のない程度にしてくださいね♪

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

吐く息を一生懸命、入る息は自動的に。つまり肺の圧力のコントロールができてくれば、あとは、そういう呼吸で「生きていく」覚悟ができるかどうか。練習するときだけではなく、話すときも、歩いてるときも、仕事してるときも、ボケーッとしてるときも。もちろん、練習以外...