L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「吐き切る」の誤解。で、やはり腹式はオマケでついてくる

よく「息を吐き切りなさい」
「吐き切らないと吸気がはいらないよ」
と、講師の方は言うと思います。

さて、この吐き切るとは何ぞや?

単に肺の中から息をなくすこと?
もちろんそれも吐き切ることの一つでしょう。

しかし、ここで切り離せないないのが、
肺の圧力です。
肺の圧力と吐く息の量を混同しないことが重要です。
肺の圧力を強く
=たくさん息を吐く、のではありません。

肺の圧力、すなわち胸板と背筋がしっかり引っ張り合いをしている状態のことです。
このとき腹筋は自然と参加します。
(だから私は腹式呼吸は気にしなくても自動的にできるというのです)


多くの場合、この
引っ張り合いがMAXの状態でフレーズを終わることを
息を吐き切る
と、表現している可能性が高いと言えます。この引っ張り合いの呼吸においては、必然的に呼吸はゼロになりやすいですが、
もちろん余っていても良いという、ことになります。
(もちろんキャリアの初期において、息をなくすという意味の吐き切るにも意味はあります)

ならば、我々講師もそう言えばいいのですが、ここの説明はニュアンスも多分に含まれ、大変難しいのです。
ですからたんに「吐き切れ」
と言いがちです。

息を吐き切れ!
と言われて、
引っ張り合い、肺の圧力を忘れて、ひたすらフーフー吐いて息をなくしていては…
どうなるかは自明の理です。

ことばは難しい。
だからこそ、我々トレーナーの責任は重大です。
間違ったことを教えよう、なんて人はいません。
その中身も、間違ったことを言っている人も多くはありません。
あとは伝え方、と伝わっているが重要だと思います。
【レッスン受講・体験レッスンのお問い合わせお申し込み】 >>>ボイストレーニングS.V.L.ウェブサイト または、メールinfo☆song-voice-life.com (☆を@に変えてください)にてお待ちしております。 ※プロ・アマチュア、ジャンル、経験は一切問いません。 声のことが良くわからない、人前で声を出すのが怖い、すぐ喉が痛くなる、声が枯れる、自分の表現に限界を感じる、とにかく自由に表現したい…あらゆる声の「何を」「なぜ」「どのように」におこたえします。 (レッスン担当講師は浜渦弘志・渡辺麻衣のどちらかになります。) ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE(東高円寺・センター南 他)
↓ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback