L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

3ステップで簡単発声♪これで「自然」な声は手に入ります・・・!?

1.まわりが油断するくらいの「くつろいだ息を聞こえないくらい少し吐く」
(聞こえるのは胸と歯の音が少し。これがもうできない人が多いです。
ここでは力はほとんど入りません。クラシックの方は苦手!?
できない人は歯の音をさせながら吐く「息の音程」を考えれば・・・)

2.その音を保ったまま、勢いをつける
(つまりは1.で作った呼吸はそのままに上方に勢いをつける。
ところがここでかなりの方が勢いのために1.を捨ててしまう。)

3.1と2を保ったまま声をだす。
(ほとんどの方はここで1と2をかなぐり捨ててます。というか最初から1と2を考えていない方が多い。
考えなくてもできる方も中にはいます。うらやましいですね。)

3までいければ、
気道を拡げたまま(気が張った状態とも言う)、
声帯だけのばして、振動させることができます。
お分かりのように1〜3まで常に入っている力は可変しています。
唯一変わらない物が・・・おわかりですよね。

いや、本当これだけなんですよ。もちろんその「これだけ」が難しいけれど^^;
それをむずかしくなんとかボイスとかいうからわからなくなったりする。

レッスンでは1番からわかりやすくやりますが、
早い話、
「ジェットコースターで悲鳴をあげる女の子」や、
「旧い洋館で、誰もいないはずなのに足跡が近づいてきて戦慄して喚く」
なんてシーンでは自動的にこれができてるんですよ。
「怖くない理由ばっかりさがす」ひと程発声はダメな傾向にあったりして(笑)

ボイトレというのは自然界に転がっている物をフィードバックしているのにすぎないんですよ♪ にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback