L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

声は「出す前」と「出した後」が大切です

みなさまこんにちは。

本当に声って単純で、それでいて難しいですよね…
いつも、いつまでたってもそう思います。
だからこそ、飽きずにやっていられるのでしょうね(^_^;)

声は「出す前」と「出した後」が大切です。いや、それがすべて、
と言っても過言ではないかもしれません。

実際の「声」は、その間に挟まっているだけ。
結果論に過ぎません。

声を出す前後が埋まっているか。
自分の肺と目の前の空間がつながっているか。
そのまま声になればラッキー、
くらいでちょうど良いかと思うのです。

いい声、ではなく、
「埋める声」
これを創っていきましょう。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback