L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ハイトーンボイスを出す為に

なんだかキャッチーなタイトルでいや〜な感じですが(笑)

ハイトーン、、、言ってしまえば、通常では出にくい高音域を出したいと願う人は多い訳です。

ここで必要なのが、気道の広さと狭さ。

イメージで言えば、舌から下の部分は細く、
舌から上の部分は広く、といった感じでしょうか。
(この辺りは同じ目的でもトレーナーによって表現が異なるので、ご注意ください)
これが逆になると、
呼吸が、声帯の部分は素通りしてしまい、でも出口はつまっている、
という悲惨なことになります。

舌から下の部分の気道はなるべく細い方が声帯は合いやすく、
高い声、地声と裏声を行き来できるようなしなやかな声がでます。

しかし、その分リスクもあります。
あまりにも細い為、ちょっと腹筋の力が抜けたり、力が入りすぎると、
その細さ故に完全に詰まってしまったり、呼吸がどんと出てしまうと、逆に一気に広がってしまったりします。
(完全に詰まると声帯があがったり、咳き込んだり、「決壊」してしまい結果として広がってしまう)

この息の細さとそれを保つ為のテクニック。
またそれにまつわる勘違い等もこれからかかせていただけたらと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます!


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback