L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

胸の力と舌根のコントロールと音域の関係

おはようございます。
本日関西シリーズ最終日です♪

この業界、
「胸の力を抜け」と言われ続けている方が多いせいか(?)
胸の力を全く使わない、また使えない人が多いようです。
呼吸はおなかにあるのではなく、肺にあるわけで・・・♪
腹式呼吸は、その胸に息の圧力をかける為にもあるわけです。

腹式呼吸と発声が離れてしまっている人が多いと、本当に感じます。
これはクラシックでも、声優さんでも同じ傾向にあると思います。
この胸の力を利用することが、結構大昔の方は出来ていたりするのです。

そのために、舌根で呼吸のコントロールをする人が多いんです。
というより、胸に圧力がかからないと、息があがって抜ける。
それを防ぐ為に、舌があがる。
では舌を使わないけど、胸に圧力がかからない人は。。。
ボリュームと音域が出なくなります。

なのに、最近の若い方は音域はあまり苦労せずにすっと出る。

でも、それは・・・本物ではない場合が多い。。。?

実は舌でコントロールしても、鼻腔共鳴などのテクニックで高い音はそれなりに出てしまうのです。

そういう方に身体をちゃんと使うことを教えると、
実はいったん音域が下がります。

このあたりのからくりはまたレッスンで。。。
時間がないのでこのあたりで〜
行ってきます! にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback