L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

重心と筋力と精神のコントロール

重心と筋力と精神。
この3つをバラバラに、そして協力し合うようにコントロールする。
これが究極のところ、目標と言えるものかもしれません。

しかし、この3つ。
どうしても3つ一緒に動いてしまいがちです。
例えば重力を意識する練習、すなわち脱力トレーニングですが、
頭も筋力も抜けてしまいがちです。
自然にはなれても、それだけで、力を発揮するには遠いかもしれません。

例えば、筋力をとにかく鍛えるトレーニング。
筋力は絶対必要ですが、筋力ばかり考えるといかにも頑張っちゃってます、という感じになります。
(語弊はありますが(^^;;)

例えば精神的創造や、頭で考えるトレーニング。
頭ではわかっちゃいるけど、体がついてこない…になるかも!?

一体どれが答えなの?

その人にとってどれが答えなのかは変わります。
また3つすべてをやらないと、実のところなにが足りていてなにが足りないかはわからないでしょう。

つまり論理に偏るトレーニングも、
筋力に偏るトレーニングも、
脱力~、ばっかりでもダメなのです。

しかも使うべき筋力を脱力してしまったり、勘違いもよく生まれます。
とにかく脱力は危険。
とにかく筋力もとにかく論理も危険なのです。
第一「ハイ、力抜いて~」って言って不必要な力を抜ける人はほとんどいません。
講師は命令だけでなく、どうやればを伝えないといけません。
でないと、抜いちゃいけないものを抜いておしまい、では…。

結局総合的にバラバラにつかえるようにしなければなりません。

脱力・重力のポイントは骨。
骨、筋力、頭脳をバラバラ操れたとき、
神がかりってこういうことかな?
って思えるかもしれませんね。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback