L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「迎えに行くな」ってなんだ

みなさまおはようございます。

特にクラシックの方なら聞いたことがあるかもしれませんが

「迎えに行くな」

という言い回し。
なるほど、うまいたとえですし、実際注意された側もなんとなくは
その「迎えに行っている」感じは分かる方も多いようです。
(僕はクラシック一本の頃はさっぱりわかりませんでしたが)

この「迎えに行く」
一体何が何を迎えいに行くのでしょう?

大きく分けて2パターンあると思います

「息が迎えいに行く」
「声が迎えに行く」

そんなこと言われてもなかなかわからないですよね。

声を出すのに使う代表的な部分は、
呼吸のためのお腹周りの筋肉と、声帯をコントロールするための背筋周りの筋肉。
(もちろんこれだけではなく複雑に連動しております)

この「お腹」と「背中」を同時にバランス良く使わなければなりませんが、
どちらかが足りない。そしたら声は出ないはずなのに、出してしまった!
ここでその「迎えに行く」状態が生まれてしまいます。


このどちらも足りないのにもし声が出てしまったりしたら?
それが「余計な力」というやつですね。
最初から「迎え終わった声」とでも言いますか、そうなると
「力を抜け~」と言われてしまいます。
なぜ要らない力が入るか?それは「必要な力が使えないから仕方なく」という方が殆どです。
(この辺りはまた書きたいと思います)

さて、何が足りないと、どう何が迎えに行くのか?
(これは最近のレッスンで生徒さんは体験済みな方も多いと思いますが)
これは次回以降に(ご要望があれば)書きたいと思います。 にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback