L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

声が鳴ることから「逃げる」練習?(私のレッスンに対する想いも・・・)

こんにちは!
声帯をしっかり鳴らす努力。
みなさんされていると思います。

しかし声帯が薄くのびる前にミートし、声がなってしまうと、
フェードインの出来ていない、唐突な声になってしまいます(それがたとえピアニッシモでも唐突に聴こえます)。
そうならないためにその日の発声の最初は、
声帯が振動しそうになったらそれを避けて逃げる練習をしてみて下さい。
(個々の状態によりますので全ての人にあてはまるものではあありません。これはすべてのトレーニングに言えます)

ヒントは声帯を鳴らそうとする勢力(背筋と腹筋のバランスがモノを言います)と、
それをさける勢力を闘わせること。

これで声帯は薄く伸び、
「強くゆったりした息が混ざった声の生まれる瞬間」を掴まえることが出来るようになります。
この難しさはレッスンで一瞬でモノに出来る人もいますし、時間のかかる人もいますが、
概して、業界の経験の長いひと程難しいようです。

大変ですが、コレが出来るとその先の美しいファルセットや高音を輝かしく張る事も可能となります!
がんばりましょう。
(「ミックスボイス(またはミドルボイス)」はその一連の過程で自動的にできるようになっているもので、言葉としてはおまけのようなものと捉え、あまり気にしない方が良いと思います。)

では実際背筋と腹筋のバランス、なぜなんのためにバランスをどうやってとるのか、それぞれの筋肉の役割など、
そして「逃げる勢力」とはなんなのか?
残念ながらそれを本にしたり、映像にするのは大変難しいです。
わたしの技量不足でしょうが、
レッスンで呼吸の音や空気感感じ取って頂くしかないのかな、というのが本音です。
レッスンはライブであり、舞台であり、ドラマです。
でないと汗をかいてにっこり、時には興奮して帰ってはもらえませんから。
(だから出版関係のお話しはお断りしております) にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback